MENU

薬用育毛シャンプーの「薬用」は有効成分が入っているということ

薬用育毛シャンプー

育毛シャンプー等、いろいろな商品で見かける、「薬用」という表記は、身体に対してなんたらの有効な効果が認められる成分を配合した商品に表記してあります。

 

薬用成分は商品によって何の成分を指すのかは違いますが、
育毛シャンプーや育毛剤の場合は、育毛効果、血行促進効果、保湿効果、殺菌効果、などの効果効用のあるものを指しています。

育毛シャンプーに薬用と表記するかはメーカー次第

薬用と表記してある育毛シャンプーは薬事法により「医薬部外品」に分類されている物です。

 

消費者目線で見ると「薬用」と書いてあるシャンプーは、何も書いていないシャンプーより良い効果があるんじゃないかと思いますので、医薬部外品として認定されたシャンプーは「薬用」と表記して発売していることが多いのです。

 

実は、薬用育毛シャンプーとは医薬部外品のシャンプーというだけのことなのです。

医薬部外品の薬用効果は医薬品の効果ほどは期待できない

 

医薬部外品という表記は、シャンプーや石鹸、栄養ドリンク等、色々な商品に表記してあります。

 

この医薬部外品の効果はどのくらいあるかというと、
「効果はある成分は配合されているが、医薬品ほどの効果は期待できない」ということです。

 

いわゆる薬用成分は医薬品ほどの効果や、副作用がないため、医師の処方箋や薬剤師の説明がなくても購入できます。

 

 

医薬品として扱われる育毛剤はリアップだけ

 

数ある育毛剤と呼ばれる商品の中でも、医薬品として認定されているのはリアップだけです。

 

リアップは、有効成分「ミノキシジル」を配合していて、この「ミノキシジル」はしっかりと発毛効果があることが医学的に認められています。
医薬部外品の薬用成分とは効果の大きさが違います。

 

リアップは医師に処方してもらうか、ドラッグストア等で購入できます。
リアップは「第1類医薬品」ですので、ドラッグストアで購入するには薬剤師の説明を聞く必要があるため、少し敷居が高いですね。

 

関連リンク

ミノキシジルは発毛作用が医学的に認められた成分
AGA専門クリニックの治療について