MENU

細くなった髪の毛を太くするための4つの方法

 

  • 頭皮の血行を良くして育毛を助ける
  • 頭皮の環境を良くする
  • 生活環境を見直す
  • 髪の毛の育成に良い栄養素をバランス良く摂取する

 

細くなった髪の毛を復活させる4つの対策

 

男性の髪の毛が細くなる原因は、ほとんどが男性ホルモンが関係する「男性型脱毛症(AGA)」です。

 

薄毛になりやすい体質は、ある程度遺伝で決まってしまいますが、あくまでそれは「薄毛になりやすい体質」ですので、薄毛になると決まったわけではありません。

 

薄毛になるかどうかには生活環境も大きく関係してくるんです。

 

これからあげる4つの対策方法は、髪が細くなった原因が男性型脱毛症である場合でも、そうでない場合でも、頭皮を髪の毛の生えやすい健康な状態にして髪の毛が太くなることを助ける効果のある対策です。

 

髪の毛を太くするには、育毛対策を継続してやることが重要ですので、継続してやるコツについても書いておきます。

頭皮の血行を良くして育毛を助ける

 

効くと言われている育毛剤のリアップ等に含まれる、ミノキシジルという成分の作用は血行を良くすることだということから分かる通り、頭皮の血行が良くなることは、髪の毛が太く育つのを助けるということになります。

 

頭皮の血行をよくするには、頭皮のマッサージや、血行促進作用のある育毛シャンプーや育毛剤を使う、そのほかには血行を悪くするタバコをヤメるなどの方法があります。

 

頭皮のマッサージは面倒くさいくてなかなか続かないと思います。
続けるコツは、シャンプーのついでのような感じでやれば負担が少なく続けやすいです。

 

毛根に栄養が届きやすいように心がけて、毛根の活動を活発にさせるようにしましょう!

 

育毛に良い頭皮環境にする

髪の毛が生えやすい頭皮環境

頭皮の環境を良くするには、マッサージで血行を良くするなどの方法の他に、頭皮の環境を悪くする習慣を断ち切る事が大切です。

 

頭皮の環境を悪くする原因は、悪い生活習慣などなのですが、原因の一つに、普段使っているシャンプーが頭皮と合わないということがあります。

スーパーなどでよく目にするシャンプーはコストを安く抑えるために、頭皮には良くない洗浄成分が使われています。

 

このようなシャンプーは洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な皮脂を取りすぎてしまい、頭皮の痒み、皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルの原因になってしまうだけでなく、髪の毛を細くする原因にまでなってしまいます。

 

毒性の強い洗浄成分を使っている場合もあり、浸透力が強いため、皮脂のバリアを突破し、毛根に直接ダメージを与える可能性があります。

 

普段使うシャンプーを育毛シャンプーなどのアミノ酸系洗浄成分のものや、石けんシャンプーに変えて、正しいシャンプーの仕方にすることが健康な頭皮にする対策方法になります。

 

育毛に悪い生活環境を見直す

 

髪の毛の育成は生活環境の影響を強く受け、髪が細くなる原因にもなります。

 

育毛に悪い生活環境としては、喫煙や過度の飲酒、強いストレスを受けている、睡眠不足や不規則な生活、無理なダイエット、常に帽子を被っているなどです。

 

見て分かる通り、どれも身体に悪いことが挙げられています。
健康な身体になることにより、頭皮も健康な状態になり、髪の毛が生えやすくなります。

 

髪の毛の育成に悪い生活習慣を見直すことによって、健康体になり髪の毛が生えてくる可能性が高まります。

栄養バランスの良い食事をする

 

私たちの身体は、食事で摂った栄養から作られ成り立ってますので、髪の毛を生やすことにも、髪が細くなったり抜けたりすることにも影響してきます。
健康的な栄養バランスの良い食事をして、健康な身体でいることが育毛するにあたっても大切です。

 

特に気を付けなければならないことは、食事制限をしてダイエットをしている人です。
人の身体は栄養が不足すると、生命の維持を優先するため、髪の毛や爪などは後回しになってしまいます。

 

栄養バランスの良い食事を心がけ、足りない栄養素は、育毛に良い栄養素をサプリメントなどで取るなどの方法で対策しましょう。

 

育毛に良い栄養素としては、亜鉛、ビタミン類、ローヤルゼリー、ノコギリヤシ、大豆に含まれるイソフラボン、唐辛子に含まれるカプサイシン等があります。

 

男性ホルモンの作用を抑制させればより効果的!

男性型脱毛症(AGA)の場合は、男性ホルモンのテストステロンから作られる、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が毛母細胞の働きを弱らせてしまうことによって起こります。

 

このDHTが髪を細くしてしまう原因ですので、DHTが作られないようにすればいいわけです。

 

上記4つの対策に加え、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換させないようにする対策をすればより効果的です。

 

具体的な対策方法は、男性型脱毛症(AGA)を扱っている病院へ行き、プロペシア等のDHTを作るのを抑制する薬を処方してもらったり、プロペシアと同じような作用のある成分が配合された育毛剤やサプリメントを使う必要があります。

 

関連リンク

ミノキシジルは発毛作用が医学的に認められた成分
AGA専門クリニックの治療について
髪が細くなる原因と仕組み

 

育毛対策はどれか一つではなく、これら全てを意識しましょう

 

髪が細くなる原因は様々あり、それらが複雑に絡み合って、徐々に薄毛になっていきます。

 

育毛剤でDHTの影響を少なくしても、必要な栄養素が毛母細胞に届きづらければ、髪の毛はなかなか生えてきません。

 

これらすべてを一気にやるのは大変かもしれませんが、その場合は少しずつ髪の毛、頭皮に良い対策を増やすことを心がけていくといいでしょう。
自分にとって負担の少ない方法を選ぶことも育毛対策を続けるコツです。

 

上記の4つの対策は、薄毛の原因が何であったとしても、すべてが頭皮、毛髪の健康に良いことですので、やるにこしたことはありません。少しずつでも継続してやり続けることが髪を太くすることに繋がります。

 

既に薄毛になってる方も、そうでない方も健康な頭皮になることで、髪の毛が生えやすくなります。

 

育毛対策を続けていくことにより、薄毛の改善よりも先に頭皮の環境の改善を体感できると思いますので、それにより育毛対策のモチベーションも上がってくると思います。