MENU

ノンシリコンシャンプーは細い髪に良い?

ノンシリコンシャンプーがおすすめの本当の理由

 

結論から言うと、ノンシリコンシャンプーは細い髪に良いです。

 

実は細い髪に良い理由はノンシリコンかどうかはほとんど関係なく、シリコンを入れる必要がないくらい髪に優しい洗浄成分を使っているからということです。

 

育毛シャンプーのほとんどがいわゆるノンシリコンシャンプーなんです

シリコン自体は細い髪にする原因にはならない

ドラッグストアなどでシャンプー選びをしていると、ちょっと値段が高めのシャンプーが「ノンシリコン」を謳っているため、シリコンは髪に悪いもので、それを排除しているので良いシャンプーと誤解している人が多いようです。

 

 

シリコンには、洗っている時の指通りを良くして、きしみを無くすことと、髪の毛の表面を保護するといった役割があります。

 

身体にとって特に害のある成分ではなく、シリコンによって毛穴が詰まってしまうなんてこともありません。

 

洗っている時の髪のきしみは、髪の毛同士の摩擦で起こります。摩擦は髪を痛めてしまう原因になりますので、実はシリコンは細い髪に悪いというよりは良い成分なのです。

 

シャンプーにシリコンを入れなければならない理由

 

値段が安めのシャンプーには、洗浄力や脱脂力が強すぎる洗浄成分が使われています。

 

洗浄力や脱脂力が強い洗浄成分で髪を洗うと、髪の毛が傷んだり細くなったりしやすく、また、きしみやすくなってしまいます。

 

そのためシリコンを入れて使用感を良くしているのです。
洗浄成分が悪いのをごまかすような感じで入っているのです。

 

重要なのはシリコンではなく洗浄成分

 

ノンシリコンシャンプーの場合、洗浄成分にこだわっていることが多く、シリコンを入れなくても洗い上がりが良くなるものが多いです。

 

そのようなシャンプーは適度な洗浄力なため髪の毛を痛めたり髪を細くしづらく、もちろん頭皮にも優しいです。

 

シリコン自体が悪いのではなく、洗浄成分が悪いからシリコンが入ってるというわけです。
シャンプー選びは、シリコンの有無ではなく、髪や頭皮に優しい成分が使われているかが重要です。