MENU

頭皮は爪を立てず洗い、すすぎはしっかりとする

育毛シャンプーの使い方

みなさんはどのような髪の洗い方をしているでしょうか。
髪の洗い方はあまり意識をしていない方が多いのではないでしょうか。

 

爪を立てて洗ったり、すすぎをしっかりしていなかったりで、
間違ったシャンプーの仕方をしてる人はとても多いようです。

 

髪の毛や頭皮のことを考えた正しいシャンプーの仕方をマスターして、育毛シャンプーの効果を最大限に発揮しましょう。

 

 

シャンプーを使う前にまずはお湯で汚れを洗い流す

 

シャンプーを使う前は髪をただ濡らすだけではありませんか?
実は先にお湯で洗うだけで大部分の皮脂や汚れが落ちるんです。

 

皮脂や汚れの大部分が洗い流されることによって、
育毛シャンプーの泡立ちが良くなり、量も少なくて済むので節約にもなります。

 

余裕のある方は、お湯で洗い流す前に櫛でブラッシングをして、髪の毛と頭皮の汚れを浮かして、髪の毛の絡みを取ってからシャンプーをした方がより良いです。

 

シャンプーは泡立ててから髪につける

 

シャンプーを手のひらに適量取り、泡立ててから頭髪につけて洗います。
シャンプーの原液を頭皮に直接付けると頭皮トラブルの原因になりますので、直接付かないように気をつけましょう。

 

シャンプーは頭皮のことを第一に考えるのでしたら、育毛シャンプーに代表される「アミノ酸系」のシャンプーを使うのが良いです。

 

ちなみにリンスインシャンプーは頭皮のことを考えるのでしたらあまりおすすめできません。

頭髪、頭皮の洗い方

 

頭髪の汚れは頭皮を洗っていれば自然に落ちますので、洗髪は頭髪を洗うというよりは頭皮を洗う感覚でやりましょう。頭皮をブロックに分けて、ブロック毎に洗うようにすると洗い残しが少なくなります。

 

頭皮は指の腹で下から上に円を描くようにしてマッサージするように洗いましょう。
爪を立ててガシガシ洗いたいところですが我慢しましょうね。

 

頭皮は顔の皮膚と繋がっていることからわかる通り、身体の他の皮膚と一緒です。顔や身体は爪を立てて洗わないですよね。

 

爪を立てて洗うことによって頭皮を傷つけてしまい、炎症や痒みの原因になりますので気をつけましょう。

 

すすぎは時間をかけて丁寧に

 

すすぎはとても重要です。
洗い残しがあるとフケや痒みなどの頭皮のトラブルの元になるだけではなく、
毛根にも悪影響を与えてしまう恐れがあります。

 

頭皮にシャンプーが残らないように、十分に時間をかけて丁寧にすすぎましょう。
すすぎ過ぎなくらいでちょうどいいです。

 

リンスやトリートメントは頭皮につけないように注意

 

リンスやトリートメントを使う場合は、頭皮についてしまわないように注意をしましょう。
頭皮についてしまうことで頭皮トラブルの原因になります。

 

 

髪の乾かし方

 

タオルで水分を拭き取ってからドライヤーで乾かしましょう。
髪の毛が熱で痛まないように、ドライヤーは10センチ以上離して、同じところに当て続けないようにしてください。

 

男性の場合自然乾燥派の人も多いかもしれませんが、髪の毛を濡れたままにしておくと、髪の毛が傷みやすいだけではなく、頭皮に雑菌が繁殖してしまい、薄毛や嫌な匂いの原因にもなりかねませんので注意が必要です。なるべくドライヤーで乾かすように心がけましょう。

洗髪は一日一回までにとどめておいた方が良い

 

清潔志向の方ですと、朝も夜も髪の毛を洗う方も居るのではないでしょうか?

 

実は朝も夜も髪の毛を洗うというのは「洗いすぎ」になってしまい頭皮にとっては良くないことなんです。

 

たしかに皮脂が分泌されすぎてギトギトすると匂いや痒みなど、不快感の原因になってしまいます。ですが、皮脂は頭皮に必要だから分泌されていますので、落としすぎると身体が反応して過剰に分泌しやすくなってしまうんです。

 

洗髪は一日一回くらいに抑えておいた方が良いです。どうしても二回洗いたい場合は皮脂を落としすぎないアミノ酸系のシャンプーを使うのが良いでしょう。