MENU

髪を染めることは頭皮や髪の毛に良くない

染髪は薄毛の原因にもなりかねない

想像はつくと思いますが、髪を染めることは頭皮や髪の毛にとって、良いことではありません。

 

髪の毛自体も薬剤がダメージを与えてほんの少し細くなってしまい、地肌が目立ちやすくなってしまいます。

 

「髪を染めたら薄毛になる」といった直接的な影響はないのですが、
頭皮や毛根に悪影響を与えますので、薄毛の原因の一つになることでしょう。

薬剤が頭皮と毛根にダメージを与える

 

髪の毛を染めたことのある方ならわかると思いますが、
髪を染める時に使う薬剤はとても刺激が強いですよね?

 

ヒリヒリするような、痛痒いような、なんとも頭皮に悪い感じがします。

 

もちろん頭皮にも髪の毛にも悪く、ダメージを与えているわけで、
頭皮だけではなく、毛根にまで染み込んでダメージを与えます。

 

また、一度染めると定期的に染め直さないとなりません。
髪を染める度にダメージを与え続けることになりますので、
育毛の観点から見れば、髪の毛を染めないにこしたことはありません。

 

髪の毛が細くなり薄毛が目立つ

 

頻繁に髪の毛を染めたり、刺激の強いシャンプーなどは、
髪の毛を細くしてしまいます。

 

それを裏付けるデータとして、
市販のシャンプーとせっけんシャンプーの髪の毛に対する影響を研究した方がいます。

 

その方の研究結果によれば、市販の刺激の強いシャンプーを使っている方は、
せっけんシャンプーを使っている方より、明らかに髪の毛が細くなっていたようです。

 

このように、刺激の強い薬剤やシャンプーは、髪の毛を細くしてしまいます。

 

細くなってしまうとどうなるかといいますと、
地肌が見えやすくなり、同じ本数の髪の毛でも薄く見えてしまうんです。

 

シャンプーを変えれば髪の毛が細くなることによる薄毛は予防できる

 

育毛シャンプーで髪が細くなることを予防

このように一般的な市販のシャンプーは髪の毛を細くするというデータがあります。

 

染髪は髪の毛を痛めて細くしますので、そこで更に刺激の強いシャンプーを使うことにより髪の毛が細くなっていくと、地肌が見えやすくなり薄毛に見えてしまうということもあります。

 

シャンプーで髪が細くなることを予防するには、育毛シャンプーやせっけんシャンプーに変えることがおすすめです。