MENU

ストレスによる自律神経が乱れが髪が細くなる原因に

 

ストレスの影響で自律神経が乱れることが原因で髪の毛が細くなってしまうこともあります。

 

私たちの身体は自律神経によりコントロールされていて、この自律神経のバランスが乱れると、心と身体に様々な悪影響を与え、髪が細くなる原因にもなってしまいます。

 

自律神経とは意思とは関係なく働く神経で、交感神経と副交感神経という相反する二つで成り立っています。
これらのバランスが崩れることにより髪が細くなる原因になります。

 

交感神経 活動してる時や興奮してる時などに優位に立つ
副交感神経 リラックスしてる時や休息してる時に優位に立つ

 

ストレスにより自律神経が乱れ血行が悪くなる

 

ストレスを受けると交感神経が優位になり、血管が収縮して血行が悪くなります。

 

髪の毛を育てる栄養は血液によって毛乳頭へ届けられ、そして毛母細胞へ与えられていますので、血行が悪くなると髪の毛の育成に悪影響を与えます。

 

また、消化器官への血流も悪くなるため、髪の毛を作る栄養素の吸収にも影響がでます。

 

ストレスによる睡眠障害も髪が細くなる原因になる

 

ストレスにより自律神経が乱れることは、睡眠障害の原因にもなります。
髪の毛は午後10時〜午前2時頃にかけてもっとも成長すると言われています。

 

睡眠リズムが乱れてしまったり、寝付けなくなってしまったりしてしまえば、
このもっとも成長する時間帯に良質な睡眠をとることができなくなってしまいます。

 

ストレスは身体のあちこちを不調にする

 

ストレスは抜け毛・薄毛の原因になる

ご存知の通りストレスは心と身体に悪影響を与え、身体の病気の原因になっているだけではなく、うつ病などのメンタルの病気の原因になります。

 

身体の不調で、病院でいくら検査しても身体の異常は出てこない場合、ストレスが原因ということはよくあります。

 

それだけ心と身体に影響を与えるストレスですから、髪の毛や毛根にも悪影響を与えます。
円形脱毛症の主な原因とされていますが、それ以外にも抜け毛や薄毛に悪影響を与える原因になります。

自分なりのストレス解消法を見つけストレスを溜めない生活を

ストレス解消で髪が細くなる原因を減らす

 

生きてる以上、ストレスを受けない生活は不可能ですので、運動や趣味など、自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

 

同じ出来事でも、自分の考え方や受け取り方を変えてみれば、ストレスに感じなかったりすることもあります。

 

薄毛のことを必要以上に悩むこともストレスになるためよくありません。うまくストレス解消をすることが髪が細くなることの予防に繋がります。

 

関連ページ

タバコが髪の毛を細くしてしまう2つの理由
タバコは身体に悪いだけではなく、薄毛にも悪影響を与えます。ニコチンの作用により血行不良が起こり、髪の毛を作るために必要な栄養素が届きづらくなります。また喫煙により過剰に発生した活性酸素が毛母細胞を攻撃してしまい薄毛の原因になります。
大量の飲酒が髪が細くする2つの理由
悪酔いの原因アセトアルデヒドはAGAの原因物質を作り出す作用があり髪が細くなる原因になります。アセトアルデヒドが分解される過程で髪の毛の原材料が使われます。そのため大量に飲酒をすれば髪の毛の材料不足が起こりやすくなります。
デスクワークが多いと髪が細くなってしまうのは本当か?
デスクワークも髪が細くなる原因になります。肩や首のコリによる血行不良や、眼精疲労で髪の毛の原料が消費されてしまうことが髪を細くする原因になります。