MENU

抜け毛が急に増える原因にはどんなものがある?

急に髪の毛が抜ける理由

抜け毛が急に抜ける原因はいくつかあり、季節的なものや病気、生活環境等の影響で一時的であるものや、AGAの始まってしまい早期対策が必要なものまであります。

 

一日に抜ける髪の毛の本数は50〜100本といわれており、主にシャンプーの時に抜けます。

 

抜け毛が急に増えたらとても心配になりますよね。急に抜け毛が増える場合の原因にはどういったものがあるのでしょうか。

 

抜け毛が急に増える原因

男性型脱毛症(AGA)が始まった

 

抜け毛が急に増えた場合、おそらく一番心配することは薄毛が始まったかどうかだと思います。

 

男性型脱毛症(AGA)のサインとしては、髪質が以前より弱々しく変わったり、抜け毛が細く短い状態や、毛根に膨らみがない場合などがあります。

 

AGAが疑われる場合は早めの対策が肝心になります。

秋は抜け毛が増えやすい

 

秋は抜け毛が増えやすい季節と言われています。動物が冬に向けて毛が生え変わるのと同じ現象が人間でも起こると考えられます。

 

他にも、頭皮は一番紫外線を受けやすい場所ですので、夏に紫外線を大量に受けた影響によるものだったり、夏は薄着になるためダイエットを頑張りすぎたり夏バテで栄養不足になったりなど、これらは急に抜け毛が増える原因になりえます。

育毛剤の初期脱毛

 

主にAGA治療薬プロペシアの服用によっておこる一時的に抜け毛が増える現象です。成長が止まって抜け落ちるのを待っている状態の髪の毛の毛根から、新しい毛が作られて押し出されることによって一時的に抜け毛が増えることを初期脱毛といいます。

 

育毛対策を始めた後に急に抜け毛が増えた場合は初期脱毛が考えられます。

 

円形脱毛症などの病気

 

円形脱毛症の場合は名前の通り円形に一気に脱毛します。症状が酷い場合は脱毛が頭部全体に広がり、まだら模様のように髪の毛が抜けてしまうこともあります。

 

円形脱毛症の場合、患部は丸く不自然に抜けるため、普通の薄毛との区別はつきます。脱毛が軽い場合は自然に治ることが多いですが、酷い場合や心配な場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

抗がん剤等の副作用

 

抗がん剤で髪の毛が抜けてしまうということはよく知られていますね。

 

癌細胞の細胞分裂は他の細胞と比べて早いため、抗がん剤は細胞分裂の早い細胞を攻撃するように作られています。そのため細胞分裂が癌細胞より早い毛母細胞も抗がん剤の標的になってしまうのです。

 

髪の毛より命の方が大事ですから仕方がないです。今は医療用ウィッグでも良い物がたくさんあります。

強いストレスを受けた

 

強いストレスを受けたりすると身体のいたるところに影響を受けます。それは毛母細胞も例外ではないでしょう。

 

ストレスを受けると交感神経が優位になり、血管が収縮して血行が悪くなり、髪の毛を育てる栄養の吸収や栄養を運ぶことに影響を与えます。その他自律神経が乱れると睡眠障害の原因になり髪の毛がもっとも成長する午後10時〜午前2時の時間帯に良質な睡眠がとれなくなってしまいます。

 

このような原因で急に抜け毛が増えることも十分考えられます。