MENU

筋トレによって薄毛が進行する人も・・・

筋トレは薄毛の原因になる

筋トレをしたらハゲるという噂話を聞いたことはありませんか?

 

筋トレをするとハゲるという話の答えは、半分本当で
残念ながら体質によって薄毛が進行してしまう人もいます。

 

男らしい体格になるのですが、頭部も男らしくなってしまう可能性があるんですね。

 

なぜ筋トレが薄毛の原因になるのか

 

この噂は筋トレをすると男性ホルモンのテストステロンが分泌される
というところからきていると思います。

 

テストステロンは、男らしさに関係がある男性ホルモンで、
テストステロンが多く分泌されていれば女性にモテやすいと言われています。

 

このテストステロンという男性ホルモンは薄毛の原因になるDHTの元になる物質なのです。
DHTは毛根を攻撃して弱らせてしまい、髪の毛が太く育ちきる前に抜けてしまう原因になります。

 

筋トレをすることによりテストステロンの分泌が増えると、その分DHTの作られる量も多くなって、薄毛が進行してしまう可能性が高まるということですね。

 

筋トレで薄毛になりやすいかは体質による

 

テストステロンをDHTに変換する働きのある5αリダクターゼという酵素があるのですが、
この酵素は人によって働きの強さが違います。

 

そして、作り出されたDHTの感受性にも個人差があります。
DHTが多く作り出されても影響をあまり受けない人もいるんですね。

 

これらのことが薄毛になりやすい人となりづらい人の差です。

 

結論としては薄毛になりやすい体質の人は筋トレをすることによって、
薄毛が進行する可能性がある
ということです。

 

 

トレーニングの最後に有酸素運動を

有酸素運動は薄毛予防にも

ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動はDHTを減らす効果があります。

 

有酸素運動は脂肪燃焼効果などの他にも、薄毛の原因になる活性酸素を減らる効果や、ストレス解消や血行促進効果、自律神経を整える効果などもあり、薄毛対策に良いことが沢山あります。

 

薄毛体質の方は、筋力トレーニングの後にランニングなどの有酸素運動をするなどの工夫をしてトレーニングしましょう。