MENU

薄毛になりやすい髪質はある?

ねこっ毛は薄毛になりやすい?


よく猫っ毛は薄毛になりやすいなどといいますが、薄毛になりやすい髪質はあるのでしょうか。

 

髪の毛が薄くなるのは、男性ホルモンのDHTの影響によって、毛根が弱ることによって起こるものですので、元の髪質は関係ありません。

 

髪質について要注意なのは、以前と比べて髪質が弱々しく変化した場合です。
この場合は男性型脱毛症(AGA)が進行している可能性がありますので早めの対策が必要です。

 

 

髪質が変わった場合は要注意!

 

「もともと太くしっかりとした髪の毛が生えていたのに、
最近猫っ毛になってきた」

 

このような場合は注意が必要です。

 

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンのDHTにより毛根が攻撃され、
弱ってしまうことにより、髪の毛が細く短くなってしまいます。

 

髪質が弱々しい猫っ毛などになってきた場合、
薄毛が進行している場合がありますので、早めの対策をする必要があります。

 

抜け毛の原因は男性ホルモンの「DHT」

 

抜け毛は、元の髪質が原因で起こるのではなく、
DHTという男性ホルモンの影響によって起こります。

 

猫っ毛だからハゲやすいのではなく、
AGAが進行するに従って猫っ毛のようになってしまい、
そのような場合は、その後薄毛になってしまうのです。

 

元の髪質が細い程、薄毛が目立ちやすくなる

 

髪質が元々細い場合は、元々太い髪質の人と比べて、
抜け落ちた時に地肌が目立ちやすいということはあります。

 

髪の毛の本数が同じだけ減った場合、
髪の毛が太い人よりも、細い人の方が地肌が目立つので、
ハゲてるように見えやすくなってしまいます。