MENU

毎日同じ髪型は良くない

同じ髪型は育毛に良くない

毎日同じ髪型で出勤や通学をしている方は多いと思います。

 

髪の毛を短くしている方は良いのですが、
同じ場所に分け目を作っていたりする場合は注意が必要です。

 

毎日同じ場所に負担をかけていると、抜け毛・薄毛の原因にもなってしまいます。

 

気分転換にもなりますし、適度に髪型を変えてみると良いでしょう。

頭皮に負担がかかり血行が悪くなる

 

同じ分け目にしていると、頭皮が引っ張られたような状態になり、次第に頭皮が硬くなり、血行が悪くなってしまいます。

 

男性には少ないと思いますが、髪の毛を結っている方は特に影響が大きいです。

 

頭皮が硬くなり血行が悪くなれば、毛母細胞に十分な栄養が行き届かなくなってしまい髪が細くなる原因にもなりかねません。

 

髪の分け目は紫外線の影響を大きく受ける

 

人の身体で一番紫外線を浴びる場所は頭皮です。

 

髪の毛に分け目を作ると、髪の毛のバリアがないため、頭皮が紫外線のダメージを直接受けてしまいます。

 

紫外線は肌を老化させたり、シミやソバカスの原因になるだけではなく、髪の毛や頭皮、そして毛根にもダメージを与えてしまいます。

 

毎日同じ分け目にしていると、頭皮の同じところが紫外線の刺激を受け続け、毛根がダメージを受けてしまいます。

 

適度に髪型を変えた方が良い

 

これらの理由で、同じ髪型は薄毛には良くないと言えます。

 

ヘアスプレー等で固めている方は、髪の毛をいじると指が引っかかった勢いで抜けてしまうこともありますので、特に同じ髪型は良くないです。

 

頭皮の負担や紫外線のダメージを分散させるためにも、たまに髪型を変えるなどした方が良いしょう。