MENU

リアップの有効成分ミノキシジルとは

リアップの成分ミノキシジルには発毛作用がある

ミノキシジルという成分はご存知でしょうか。
育毛剤のリアップに含まれている成分と言われればわかる方も居ると思います。

 

ミノキシジルは発毛作用が医学的に認められた成分です。
日本ではリアップのみに配合されていて、薬局でも購入することができます。気になる方は試してみると良いでしょう。

ミノキシジルには発毛作用がある

 

ミノキシジルはもともと高血圧の人のための血管拡張剤として開発されたものなのですが、副作用として多毛症があることがわかり、発毛剤として使われるようになったものです。

 

日本では大正製薬のリアップが市販されています。リアップは第1類医薬品ですので、購入する際は薬剤師の説明を聞く必要があります。

 

リアップの効果は個人差がありますが実際に太く発毛する方が多いのでおすすめできます。

 

フィナステリドと併用することによって相乗効果がある

 

フィナステリドとは、男性型脱毛症の原因となっている「DHT」という物質を作るのを抑制する薬です。

 

このDHTは毛根を攻撃してしまい、髪の毛が太く生える力を弱めてしまいます。
フィナステリドでDHTを作られづらくすることにより、毛根が攻撃をされないようにすることで、髪の毛が細くならないようにブレーキをかけます。

 

つまりフィナステリドは薄毛の原因になっている部分に直接作用する薬です。

 

このフィナステリドで薄毛の進行を止めて、髪の毛を太くする作用のあるミノキシジルを使うことで相乗効果が狙えます。

 

ミノキシジルには髪の毛を太くする力があるとはいっても、毛根が攻撃を受けている状態では思うように効果が発揮できません。そのためこれらを併用することが髪の毛を太く生やすには非常に有効なのです。

 

ミノキシジルの副作用

 

ミノキシジルの主な副作用としては、頭皮の痒みが挙げられます。
肌と合わずに炎症や湿疹が起こることがあります。

 

ミノキシジルを配合した育毛剤は、濃度に種類があります。
日本で売られているものは、リアップの1%と5%のタイプです。
ミノキシジルの濃度が高いほど、この副作用が現れる可能性も高くなります。

 

その他の副作用としては、下記のものがあります。

低血圧、毛深くなる、頭痛、めまい、動悸、むくみ、
性欲の低下、動悸、不整脈、胸の痛み

 

実はミノキシジルには服用するタイプもあるのですが、これは副作用が強く出る恐れがありますので、個人輸入などはせずに信頼のおける医師から処方してもらい使用することをおすすめします。

育毛シャンプーも併用した方がいい

 

頭皮トラブルで多いのは頭皮の痒みです。これは頭皮に優しい育毛シャンプーを使うことで改善できます。

 

ミノキシジルの主な副作用も頭皮の痒みですので、もともと痒みがある状態の頭皮より、トラブルのない健康的な頭皮の方が副作用は起こりづらいと考えられます。