MENU

育毛治療薬の副作用

育毛シャンプーの副作用

薬を使ったAGA治療が非常に効果的と聞いても、試してみたいけど副作用が心配という方は多いのではないでしょうか。

 

実際のところ、副作用が現れる確率は低いようですので、そこまで心配する必要はないようです。

 

医薬品のプロペシアはホルモンバランスに影響を与えるため強い副作用が出る可能性があります。念のため、使用する前に副作用を把握しておき、副作用が現れたらすぐに対応できるように備えておきましょう。

プロペシアの副作用

薄毛に一番効果があると言われている薬がプロペシアです。薄毛の原因になる毛根を弱らせる物質を作り出さないようにする作用があり、非常に良く効く薬です。

 

プロペシアは男性ホルモンテストステロンをDHTという男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンに変換する、「5αリダクターゼ」という酵素の働きを弱めます。

 

プロペシアはホルモンバランスに影響を与える薬なため、副作用が強く現れることがあります。
その他にも一時的に抜け毛が増える「初期脱毛」と呼ばれる現象が起こることがあります。

 

このタイプの治療薬は下記のような副作用が現れる可能性があります。

性欲減退、勃起不全(性機能障害)、女性化乳房、精子の減少、睾丸痛、胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害

 

その他、この薬は胎児の生殖器官に異常をきたす可能性があるため女性には処方されません。
妊娠中や妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性は錠剤を手で触っても吸収されますので、
取り扱いに注意してください。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルが含まれる「リアップ」や「ロゲイン」は血行を促進するタイプの育毛剤です。
これらの育毛剤は、ミノキシジルの効果で血管を拡張し、血流を増加させることにより、
髪の毛が生えてくる、医学的に効果が認められた育毛剤です。

 

このミノキシジルは下記のような副作用が報告されています。

 

頭皮かゆみ

 

ミノキシジルの副作用の中でもっとも多いのが頭皮のかゆみでしょう。肌と合わずに炎症や湿疹がおこる可能性があります。
異変を感じた場合は使用を停止して医師に相談しましょう。

 

低血圧を引き起こす

 

血管を拡張する作用によって、血行がよくなるため、低血圧を引き起こす可能性があります。
家庭用のホースと消防車のホースをイメージするとわかりやすいと思います。
リアップ等に含まれている有効成分ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発されたものですので、その作用です。

 

毛深くなる

 

髪の毛以外の毛も濃くなってしまうことがあります。
塗布するタイプならなかなか起こらない副作用ですが、内服するタイプですと全身に行き渡りやすいために発現しやすくなります。気になる場合は塗布するタイプへ切り替えましょう。

 

その他

 

その他にも、下記のような副作用が報告されています。
頭痛、めまい、動悸、むくみ、性欲の低下、動悸、不整脈、胸の痛み

 

濃度が高い程、育毛効果が現れやすいですが、その分副作用も起こりやすくなります。
副作用がでた場合は使用を停止し、医師に相談しましょう。