MENU

男性の薄毛の原因「AGA」は遺伝子検査をすることによって分かる

遺伝子検査でAGAがわかる

男性が薄毛になる原因は主に男性型脱毛症(AGA)です。

 

薄毛は遺伝するとよく言いますよね。実際に薄毛の遺伝の影響は25%程度あると言われています。

 

実は親から薄毛の遺伝を受け継いでいるかどうか(AGAになりやすい体質かどうか)は遺伝子検査をすることでわかります。

 

自分が薄毛になりやすい体質なのかどうかを知ることで、早いうちから対策ができるようになりますし、原因の一つが分かれば、それに合った対策をすることで改善が見込めます。

 

遺伝子検査をすることにより自分が薄毛体質かどうかが分かる

 

AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質が
毛母細胞を攻撃して働きを弱らせることによっておこります。

 

このDHTは男性ホルモンのテストステロンが変換されることによって作られるものなのですが、
DHTの作られやすさや、DHTの感受性の高さに個人差があります。

 

これは要するに、薄毛になりやすい体質かどうかということです。
薄毛になりやすい体質かどうかは遺伝子検査を受けることによりわかります。

 

薄毛は遺伝すると言われているのは、このハゲやすい体質が遺伝するということです。

 

検査は病院やクリニックを受診するか、検査キットの購入でできます

 

このようにハゲやすい体質というのは、産まれた時から決まっていて、
ハゲやすい体質かどうかは遺伝子を調べることによって分かります。
この遺伝子検査を受ける方法は下記の二つがあります。

 

AGAを扱っている病院やクリニックに行く

病院やクリニックを受診する場合は、診療科目に「AGA」や「男性型脱毛症」と、書いてあるところに行きましょう。
HPなどで遺伝子検査ができると書いてあるところですと確実です。

 

病院やクリニックで遺伝子検査をする場合の費用は20,000円以上をみておきましょう。
下記のAGAクリニックがおすすめです。

 

AGAの遺伝子検査キットを購入する

 

AGA遺伝子検査キットというものがあり、これを使うことによって、
自宅で誰にもバレずにAGAの遺伝子検査を受けることができます。

 

綿棒で口内の粘膜を採取して検査機関に送れば、遺伝子検査の結果とアドバイスが届きます。
宅配業者にもAGAの遺伝子検査キットだとはバレないように配慮してあります。

 

遺伝子検査をすることにより育毛治療薬の効きやすさも分かる

 

育毛治療薬のプロペシアは男性ホルモンの影響で薄毛になるのを防止する薬です。

 

このプロペシアという薬は男性の薄毛にとても良く効く薬なのですが、
薬の効き具合には体質によって個人差があります。

 

男性ホルモンに対する感受性が高く、DHTが作られやすい人の場合は、
プロペシアの効果が高い場合が多く、髪の毛が生えてくる可能性が高まります。

 

これらの体質が遺伝子検査をすることによってわかるので、AGAクリニックでは体質に合わせた治療をしてもらえるのです。

 

 

プロペシアは、薄毛の状態が進行する程効果が出づらく、
そして薄毛の回復が遅くなりやすいといった特徴があります。

 

薄毛は進んでしまうと回復に時間がかかるというのはプロペシアに限ったことではありません。
どの薄毛対策を選ぶにしても早いうちから行うことが非常に重要なのです。

育毛シャンプー等で早めの対策ができる

 

遺伝子検査を受けるメリットとして、薄毛になりやすい体質だということがわかった場合、早めの対策ができるという点があります。

 

薄毛になるかどうかは遺伝だけでは決まりませんので、育毛シャンプーで抜け毛の予防をして生活環境を整えておけば、そのまま薄毛にならずに済むかもしれません。

 

やはり自分が薄毛になりやすい体質かどうかを知っているだけで、薄毛予防への力の入れ具合が変わってくると思います。