MENU

薄毛は遺伝だからと諦めていませんか?

薄毛は遺伝する

親が薄毛だったり、親族に薄毛の人が多い場合、自分も薄毛になるのではないかと悩んでいる人も多いでしょう。

 

中には自分が薄毛になるのは既に決まっているんだと諦めている人も多いと思います。

 

実際、薄毛は遺伝します。親の遺伝子を受け継ぐのですから仕方がないです。

 

しかしまだ薄毛になると決まったわけではありません。その理由は、
薄毛になる原因の遺伝的な要素は25%と言われているからです。

 

薄毛が遺伝するというより、薄毛になりやすい体質が遺伝するわけです。

髪が細くなる前に対策を始める

髪が細くなる前に対策を始めた方がいい

薄毛になりやすい体質を受け継いでいる人は、そうでない人と比べて、やはり薄毛になる可能性が高いです。

 

そのため髪が細くなるのを実感する前から対策を始めることが大切です。親や親族が薄毛の人は、逆に考えれば、薄毛になる可能性が高いと分かっているので早いうちから対策を始められるとも考えられます。

 

髪が細くなって薄毛になってしまえば、それだけ回復には時間がかかります。育毛対策は早いうちに始めた方が髪が太く復活しやすいです。

 

薄毛になりやすい体質が遺伝する

 

薄毛を進行させるジヒドロテストステロン(DHT)という物質があるのですが、
これは前頭部から頭頂部の毛根の中にある5αリダクターゼという酵素によって作られます。

 

この酵素の働き方の強さが両親からの遺伝子の影響を受けます。
そして、男性ホルモンに対する感受性は母親からの遺伝子に影響を受けます。

 

よく薄毛は隔世遺伝するという噂話を聞きますが、
それは男性ホルモンの感受性が母親からの遺伝子に影響を受けるので本当なようです。

 

ちなみに自分が薄毛になりやすい体質を遺伝しているのかどうかは、
遺伝子検査をすることによりわかります。
(参考記事:遺伝子検査で薄毛体質かどうかが分かる)

 

薄毛が遺伝の影響が強いと思ってしまう原因

 

薄毛の原因が25%と聞くと「そんなに低いの?」と思いませんか?

 

遺伝的な要素以外にも、親や兄弟が同じように薄毛になる後天的な理由に、
同じ家庭で生活していると生活習慣や食生活が同じになりやすいということがあります。

 

例を挙げれば、偏った栄養バランスの食事や、洗髪をあまりしなかったり、
髪の毛は自然乾燥だったり等、いろいろありますね。

 

これら髪の毛や頭皮に悪い生活習慣が、家族で同じ家に住んでいると似たようなものになりやすいということも、薄毛が遺伝すると思ってしまう要因になります。

 

薄毛体質だからと諦めるのはまだ早い

薄毛家系でも諦めない

薄毛になりやすい体質が遺伝するからといって、親戚に薄毛が多くても自分が薄毛になることが決まったわけではありません。

 

薄毛になるのには様々な要因があるわけですので、それらが絡み合って薄毛が進行してしまいます。

 

薄毛の進行を食い止めるのに大切なのは、原因を特定して、それに合った対策をしていくことです。

 

できるだけ早いうちに育毛対策をして生活習慣を見直し、薄毛の進行を食い止めましょう。