MENU

デュタステリドはフィナステリドより発毛効果が高い薬

デュタステリドの薬「ザガーロ」はDHT阻害作用がプロペシアの3倍

男性型脱毛症の治療薬として有名な「プロペシア」という薬があります。(参考記事:フィナステリドは男性型脱毛症に良く効く)

 

プロペシアの成分はフィナステリドといって男性型脱毛症に対して非常に発毛効果が高く、治療によく用いられているのですが、このフィナステリドより発毛効果の高い薬が2015年9月に新たに日本で承認されました。

 

「ザガーロ」という名前の薬なのですが、この薬の成分「デュタステリド」は薄毛の原因になるDHTという物質の生成を阻害する作用がフィナステリドの3倍あります。

 

フィナステリドと一緒で、もともと前立腺肥大の薬として開発された「アボルブ」という薬と同じ成分です。以前から前立腺肥大の治療薬として使われていた薬がカプセルの色と名前を変えて新たに男性型脱毛症の治療薬として認証されたものです。

 

デュナステリドの発毛効果はなんとフィナステリドの1.6倍!

 

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンテストステロンが変換したDHTという物質です。
(参考記事:男性の薄毛の主な原因は男性型脱毛症(AGA))

 

毛根内には5αリダクターゼという酵素が存在しています。この5αリダクターゼには二種類あり、T型は全身の毛根に、U型は頭頂部、前頭部、ヒゲに集中しています。

 

男性ホルモン「テストステロン」を毛根内のU型の5αリダクターゼが薄毛の原因DHTに変換します。このDHTが毛根を攻撃して髪の毛を生やす力が失われていくのです。

 

このDHTを作り出U型の5αリダクターゼの働きを抑制する効果がデュタステリドはフィナステリドの3倍あります。そのためDHTの作り出される量も減るのです。

 

24週間服用した臨床試験のデータでは発毛効果がフィナステリドの1.6倍あったことがわかっています。

 

効果が大きい分副作用もフィナステリドより大きい

 

デュナステリドはフィナステリドより大きな発毛効果があります。その分ホルモンバランスに与える影響も大きいです。デュナステリドはT型の5αリダクターゼに与える影響もフィナステリドの100倍あります。

 

臨床試験データでも、やはりデュタステリドは副作用の発現頻度が上がっています。

 

デュナステリドの副作用は主に下記の症状になります。

勃起不全、性欲減退、精液量減少、女性化乳房、発疹、頭痛、抑うつ気分、腹部不快感

 

デュタステリドを服用する際の注意点

 

デュナステリドを服用する際は副作用のほかにも注意することがあります。基本的にはフィナステリドと同じような内容になります。

 

妊娠中の女性は絶対触らせないようにする

デュタステリドはは女性は絶対に触れないようにしてください。フィナステリドと同じく、妊娠中の女性の場合、デュタステリドに触れるだけで、胎児が男の子だった場合生殖器に異常が出る恐れがあります。

 

前立腺がんの検査を受ける場合医師に知らせる

デュナステリドはもともと前立腺の薬として開発されたため、前立腺がんの検査の数値に影響を与えます。医師が前立腺がんを見落としてしまわないようデュナステリドを服用していることを知らせましょう。

 

個人輸入の場合は偽物に注意

デュタステリドをインターネットの個人輸入で入手した場合は偽物の可能性があります。そのため個人輸入の場合は信頼のおける業者から購入するように注意してください。

 

一か月間は献血ができない

最後に服用してから六か月間は献血ができないと日本赤十字社により定められています。