MENU

AGAとその他の脱毛症

AGA以外の薄毛の原因

薄毛になってしまう原因は、男性の場合ほとんどがAGAです。

 

男性ホルモンが原因のAGA以外にも薄毛になってしまう原因はありますが、病気等が原因となって抜けていますので一般的な薄毛とは見た目で違いがわかります。

 

明らかに頭皮に異常があって髪の毛が抜けている場合は病気の可能性がありますので皮膚科を受診しましょう。

 

男性型脱毛症(AGA)

 

男性にとって一般的な薄毛で、男性ホルモンが大きく関係している脱毛症です。
「Androgenetic Alopecia」の略称でAGAといいます。

 

女性の場合、生理不順や更年期障害などによりホルモンバランスが崩れ、
男性ホルモン優位になった状態になったときに起こります。

 

AGAのチェック方法

 

AGAは男性ホルモンの一種「DHT」が毛根を攻撃することが原因で起こるのですが、
DHTが作られ、攻撃される毛根の場所は大体決まっています。

 

毛根内にDHTを作り出す酵素がある場所が危ないのですが、
この酵素は前頭部や頭のてっぺんの毛根にあります。

 

「生え際が後退してきた」「頭のてっぺんが薄くなってきた」
このような「普通のハゲ方」の場合はほぼAGAです。

 

その他の脱毛症

 

AGAではない薄毛にはどのようなものがあるでしょうか。

脂漏性脱毛症

頭皮の皮脂が大量に分泌されてしまい起こる脱毛症です。

粃糠性脱毛症

大量のフケが原因になって起こる脱毛症です。

円形脱毛症

円形に髪が抜け落ちてしまう脱毛症です。
原因はまだ解明されていませんが、
ストレスや遺伝や自己免疫疾患が主な原因と言われています。

産後脱毛症

女性が妊娠したときに、ホルモンバランスの変化が原因で起こる脱毛症です。
これは自然に回復します。

症候性脱毛症

各種の熱病や、ウイルスによる疾病や内蔵障害などが原因で起こる脱毛症です。

薬物性脱毛症

副作用の大きい医薬品を服用した時に起こる脱毛症です。

瘢痕性脱毛症

怪我や火傷などが原因で毛根が破壊されることによって起こる脱毛症です。

 

このようAGA以外の脱毛症は普通ではない抜け方をしたり、
何か明らかな原因があって起こるものです。

 

普通ではない抜け方をした場合は、皮膚の疾患等になりますので、
皮膚科を受診することをおすすめします。

育毛シャンプーで脱毛症の予防

 

AGA以外の脱毛症の場合、頭皮を清潔で健康的な状態にすることで予防できるものもあります。

 

育毛シャンプーは抜け毛を予防するだけではなく、頭皮を健康な状態に保つ効果もありますので、頭皮の異常からくる脱毛症を予防できるわけです。

 

逆にいえば、頭皮を不潔で不健康な状態でいることで、頭皮に異常をきたし抜け毛を誘発してしまう恐れもあるということです。