MENU

髪が細くなってきたらAGA治療が一番効果的

AGA治療クリニック

 

髪が細くなってきた時の薄毛対策の中で一番効果的な方法は、クリニックを利用したAGA治療です。

 

主な治療方法は、医学的に効果が認められているAGA治療薬
フィナステリドミノキシジルを利用した治療を行います。

 

その他にもカウンセリングで、頭皮の状態や生活習慣についてのアドバイスを貰え、あなたに合った治療法をしてくれます。

 

育毛クリニックと育毛サロンが同じようなところと思っている方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、クリニックは医療機関ですので全くの別物になります。

 

AGA治療の費用

 

AGA治療は自由診療のため健康保険が使えませんので治療費が高額になりがちです。
またクリニック毎に費用が若干変わってきます。

 

薬代がおおよそ月15000円かかり、これに診察料や検査料がプラスされますので、
AGAクリニックでの治療は月20000〜30000円前後にになることが多いようです。

 

AGA治療は実際に効果はあるのか?

 

もちろんAGA治療の効果には個人差がありますが、
フィナステリドとミノキシジルの併用は現在では一番発毛効果が期待できる治療法です。

 

AGAスキンクリニックというクリニックの発表では、
6ヶ月治療を続けた方のうち99.4%が発毛効果を実感しています。

 

一見胡散臭く見える数字ですが、育毛サロンとは違い、
医療機関が発表している数字ですので信頼できます。

 

 

AGAスキンクリニックの先生の著書を読みましたが、髪の毛や育毛のことについてとても詳しく、先生自身もAGA治療で発毛した内のひとりです。使用する治療薬の内容や副作用のことなどを徹底的に事前説明も行っているようですので信頼できます。

AGA治療の主な流れ

 

AGAクリニックに初めて通院するとなると緊張や不安があると思います。
おおまかな流れを知っておくことにより緊張や不安が少し和らぐと思います。

 

下記におおまかな流れを紹介します。

 

カウンセリング

 

治療内容・注意事項・治療費等の説明や相談などが行われます。
カウンセリングは無料で行われることがほとんどです。

 

頭部の写真撮影

 

AGA治療の経過を見るために頭部の写真撮影が行われます。

 

専門医の診察

 

専門の医師が、頭髪、頭皮の状態と身体全体の健康状態を診察します。

 

各種検査

 

治療薬の投与が体に与える影響がないかなどを判断するために血液検査を行います。
DNA検査や毛髪ミネラル検査を行うこともできます。

 

AGA治療薬の処方

 

治療を開始したら月に一度、経過の観察と診察を受けます。
その時に一ヶ月分のAGA治療薬を処方してもらえます。

AGA治療の副作用

 

AGA治療クリニック

 

AGA治療において心配なことが、治療薬による副作用です。

 

重篤な副作用は報告されてないようですが、全くないわけではありません。

 

処方される前には副作用の説明を受けますが、前もって把握しておきましょう。

 

フィナステリド(プロペシア錠)の副作用

性欲減退、勃起不全(性機能障害)、女性化乳房、精子の減少、睾丸痛、胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害

フィナステリドの臨床試験では4〜5%に「男性機能の低下」「性欲の減退」が現れたようですが、
日常生活に支障をきたす程ではなかったようです。

 

ミノキシジルの副作用

頭皮の痒み、低血圧、毛深くなる、頭痛、めまい、動悸、むくみ、性欲の低下、動悸、不整脈、胸の痛み

ミノキシジルの副作用としては、稀に頭皮の痒みが起こるようですが、
ほとんど心配はいらないようです。